2012.05.19

アマゾン水位、過去最高に

アマゾン水位、過去最高に=一部では干ばつ深刻―ブラジル

時事通信 5月19日(土)6時56分配信
 【サンパウロ時事】ブラジル北部を流れるアマゾン川支流のネグロ川の水位が大雨に伴い上昇し、1902年に観測を始めて以降の最高を更新している。18日には29.81メートルに達した。
 ネグロ川の水位は今月16日に29.78メートルとなり、09年の記録を1センチ更新。その後も緩やかに上がり続け、気象当局は今後数カ月は29メートル超の状態が続くと予測する。川の北岸にあるアマゾナス州マナウスの市街地には、氾濫した水が流入。感染症のまん延防止のため警戒を強めている。

アマゾン川と言えば、最大水量を誇る川ですので、その川が氾濫となると、かなりの大雨だったんでしょうね?
支流とは言え、ネグロ川って有名だし、たしか広いところで川幅がKmの単位だったはず・・・

しかも、アマゾン川といえばピラニアが有名。
街中でピラニアに噛まれたくないですよね~

| | TrackBack (0)

2012.01.04

ドコモ・スマホに不具合、メール不達通知届かず

ドコモ・スマホに不具合、メール不達通知届かず

読売新聞 1月4日(水)1時23分配信
NTTドコモは3日、スマートフォン(高機能携帯電話)専用のメールサービス「spモードメール」で1日夜から2日未明にかけてトラブルが生じ、メールが送信できなかった際に送信元の利用者に届く不達のエラー通知が約20万人に届かなかったと発表した。

NTTドコモのspモードメール利用者の私としては、メールが届かないと気にもしませんが・・・
本来届くはずのメールが届かないとなると、サービスの利用を考えちゃいますよね。
機器の換装とかしたのかな?

年末年始になってトラブル続きですね。
なんとかして欲しいところですね。

| | TrackBack (0)

2011.10.04

レッドブルF1、放射能汚染を恐れ日本の食品は飲食禁止に

レッドブルF1、放射能汚染を恐れ日本の食品は飲食禁止に

オートスポーツweb 10月4日(火)15時23分配信

F1のレッドブル・レーシングは、日本GPの来日中に日本の食品を口にしないよう、食品をすべてヨーロッパから持ち込むようだ。

 Bild am Sonntag紙の報道としてF1SAが伝えるところによると、レッドブルは、日本の放射線量の問題を懸念し、レースチーム80人分の食品を持ち込むことにしたということだ。通常のグランプリでは、肉、果物、野菜など、傷みやすい食材は現地で調達するが、レッドブルやおそらくは他のチームも、生鮮食品もヨーロッパから持ち込むようだ。

 また、レッドブルのチームプリンシパル、クリスチャン・ホーナーは、チームのメンバーに対し、日本滞在中に日本のものを食べないように指示しているといわれている。

 先週末、もてぎで2輪のMotoGPが開催されたが、ライダーのホルヘ・ロレンソは、日本ではシャワーを浴びずにミネラルウォーターと石鹸で体を洗ったと述べており、ダニ・ペドロサは、日本で着た服はすべて捨てて帰ったということだ。

 一方、トロロッソのハイミ・アルグエルスアリは、Marca紙に対して自分は全く心配していないと語っている。
「もう状況は落ち着いていると思うし、僕らがいるところは福島からかなり離れている」とアルグエルスアリ。
「僕は全く心配していないよ」

先日行われたインディジャパンでも、同じ対応をしたチームがいた。
日本に住んでいる我々としては過剰反応にも取れるが、日本に住んでいるから仕方なく・・・ってのもある。

私の住む周辺の学校などでは、児童・生徒の給食拒否という事にまでなっているらしい。

海外のプロスポーツ選手とスタッフ、それを管理するチーム責任者としては、日本の食品について飲食禁止にするの、現時点では妥当だと思う。

| | TrackBack (0)

2011.08.05

日立と三菱重工、事業統合協議を一時中断へ=関係筋

日立と三菱重工、事業統合協議を一時中断へ=関係筋 ロイター 8月5日(金)6時21分配信

 [東京 5日 ロイター] 日立製作所<6501.T>と三菱重工業<7011.T>が水面下で進めている電力などインフラ関連事業を軸とした事業統合に向けた協議は、一時中断する見通しとなった。

 協議の対象を統合メリットのある事業分野に限定したい三菱重工と、経営の全面統合にまで視野に入れている日立製作所の間で考え方の違いが表面化したためで、事業統合協議に入るまでにはなお一定の時間がかかりそうだ。日立が目指している経営統合の可能性は、三菱重工の反対からさらに遠のきはじめている。

双方のホームページで報道内容を否定しているコメントを出していたりして・・・この内容はどこまで本当なのか?って疑問もあるが。
やっぱり、難しいんだろうねぇ・・・
時代の変化にどう対応するかって、未来が見えない状態での大規模統合は慎重にならざるを得ないって所でしょうか。

| | TrackBack (0)

2011.08.04

日立、三菱重工が経営統合へ 実現すればトヨタに次ぐ規模に

日立、三菱重工が経営統合へ 実現すればトヨタに次ぐ規模に 産経新聞 8月4日(木)8時18分配信

 日立製作所と三菱重工業が包括的な経営統合に向け、協議を始めることで基本合意したことが4日、分かった。2013年春をめどに新会社を設立し、原子力、火力などの発電プラントや産業機械、鉄道システム、IT(情報通信)制御技術など、社会インフラを支える根幹事業を網羅した形で統合を進める見込み。

どちらも、歴史ある大企業、小さな部門レベルでは企業間の統合が見られたが、企業丸ごととなると・・・
世の中が大きく変わり始めてる気がする。

| | TrackBack (0)

«ロシアで事実上、清涼飲料水だったビールをアルコール規制へ