« October 2004 | Main | December 2004 »

2004.11.29

サイクリング日和

昨日までの強風も収まり、良い天気である。
早起きした私は、久しぶりにサイクリングにでも出かける事にした。
先日購入した折り畳み自転車を車に積んで、サイクリングロードまで車を走らせる。
サイクリングロードの休憩所に車を止め、自転車を降ろす。

500mlペットボトル1本を持って、自転車を走らせる。
小さいタイヤに軽めのギア比、一番重いギアにしても楽々こげる。
しかし、予想以上に進まない。スピードが出ないのである。
自動車の慣らし運転の様なつもりで、各ギアに入れてゆっくりこいでみる。
一番軽いギアは、平坦な道ではまず必要ないであろう。

走りだしてしばらくして、すぐに体力が尽きてきた。
息が上がるほど、激しくこいできた訳ではないが、既に体が疲労を訴えてきている。
時計を見て見ると、走り出してから15分。
いくらなんでも早すぎである。
しかし、ここで帰りの体力を考慮すれば、そろそろ引き返さないと・・・
車で40分かけてやってきて、15分で断念とは、あまりに情けない。
もう少し頑張ってみる事にした。
折り返し地点でゆっくり休めば良いであろう。

しばらくして、スタートから10km程走った頃には、体力が復活しようで再び楽に走れるようになってきた。
逆に10kmも走らずに断念しかけた事を恥ずかしく思った。

なんとか、当初の到達予定ポイントまで到達できた。
思ったより疲労していない。
スタート地点から16.2kmの場所である。
なんか結構楽じゃん。久しぶりのサイクリングであるが、思ったほど体力が落ちていない事に一安心である。
しかし、これは単なるぬか喜びでしかなかった事を後で思い知らされる事になろうとは、この時思いもしなかった。
タバコ一服程度で座る事も無く、再び来た道へと走り出す。

颯爽と自転車をこぎだすも、2kmも走らないうちに、体力は限界を超えた。
振り返れば、さっきの休憩所が見えそうな場所であるにも関わらず、もう限界である。
自転車で、しかかもここはサイクリングロード。
自力で出発点まで戻るしかないのである。

少し進んでは休憩の繰り返し、ペットボトルも空になった。
腹もへった。
こいでもこいでも、進まない。
休んでいると気にならない程度の向かい風ですら、私の行く手を妨げるように感じる。風よ止んでくれ!
1km毎に刻まれた標識(マイルストーン?)を確認しながら、あと何キロと自分に言い聞かせならがひた走る。
この時程、スピードの出ない、前に進まない自転車を辛いと思った事はなかった。
腿がきつくて、思うように動かない。
一休みしようと、自転車から降りると、立てずに、倒れこみそうになった。
お尻も痛い。サドルが硬く感じられる。
灰皿のあるベンチにて一服。
動けない。まだ半分ほどしか戻ってきトいない。
気が遠くなりそうな思いで、再びこぎだす。

フラフラと遅いスピードで自転車をこいでいると、前からいかにも早そうなサイクルジャージに身を包んだ集団がやってきた。
邪魔にならないようにと、脇へ避ける。
木の根が張り出し、デコボコになった路面で自転車が飛び跳ねビックリした。
目が覚めた様な感覚があった。
気合を入れなおし、走る。

長い道のりであった。
ようやくゴール地点が見えてきた。
残り2kmほどである。
でも、進まない。
ゴール目前にして、休憩しないと進めない程の疲労。
ゆっくり、ゆっくりこぎなら休憩する事なく、無事到着できた。
わずか往復32.4kmほどであったが、私にはとても長く感じられた。
時間も2時間ちょっとかかっている。

しばし休憩後、自転車を車に積んで帰宅。
夜はゆっくり、湯船に浸かり腿のマッサージ、風呂から上がってストレッチ。
なんとか1日明けた今日は、筋肉痛にならずに済んでいるが・・・
30代も後半の私である。明日の方が心配である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.26

腰は大事だよね

腰痛持ちの私であるが、眞鍋かをり氏も腰痛を持っているようである。(まだ若いのに)
腰痛ってつらいんだよね。酷い時は、顔を下に向ける事すらできない。
顔が下に向かないくらいで、そんなに日常生活に支障がある?と思われるかもしれないが、顔が下に向けられないって事は
トイレで狙いを定められない。(男のみ)
当然、顔を下に向けられない程、悪化している状態なら腰を曲げる動作がNGなので、歩く事もままならない。
寝返りの度、激痛で目が覚め、熟睡できない・・・とにかくつらいのである。

私の場合は、椎間板ヘルニアの軽いやつらしいが、軽くてこれである。

ヘルニアを悪化させない為には、腹筋・背筋を鍛えるしかないようである。
そう言えば、最近トレーニングもサボっている。

そんな事を思っていた矢先、昨日、知人が職場へ訪ねて来た。
少し前に入院したとの話を聞いていたのだが、何故入院したのかは知らなかった。

見た目は元気そうであったが・・・
話を聞いて見てビックリであるが、少し呆れもする。

彼は、若い頃からヘルニアになりかけていたらしいが、その後、痛みも治まり(というか慣れてしまい)放置していたら、背骨の一部が筋肉に刺さり、折れた(というか欠けた)結果として体内で血が溜まり膨れ上がっていたらしい。
手術で血を抜き、欠けて刺さっている骨を取り除いたとの事である。
しかも、彼は麻酔が抜けていないとは言え、術後にトイレへ向かった際に、縫った場所が裂け、血を点々と病院の廊下へ垂らしながら、気付かなかったらしい。
実はトイレと言いつつ、隠れてタバコも吸ってきたらしく、慌てて駆け寄る看護士さんを見てタバコを吸った事がバレたと思ったらしい。
ここまでくれば、恐るべしである。

最近、折り畳み自転車も買った事だし、再びトレーニングを再開させよう。
もちろん、持ち上げてトレーニングではなく、サイクリングである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.22

ニンニク生活

11/18に某テレビ番組にて、紹介されたニンニクに含まれるパワー。
最近、注目の成分らしい。
簡単に摂取できるが、これまでの摂取方法ではダメとの事。
成分はアホエン。
これまで言われてきたアリシンよりも効果絶大だとか・・・

効果は、

・物忘れ防止
(脳が若返り、記憶力がアップするそう)
・コレステロール値低下
(サラサラ血になるそう)
・肌のハリつや改善
・癌予防
・血栓防止
・抗菌作用

などなど・・・

なんとも良さげな事ばかり、しかも作り方は簡単。

材料:油100cc(植物油:オリーブオイル、米油が良い)、ニンニク2片

1.ニンニクを細かく刻む
2.耐熱グラス等に油を入れ、お湯を張った鍋で油を湯煎?
3.油に刻んだニンニクを入れたら火を止める。
 (100℃以上でアホエンが消滅するので、100℃以下で)
4.油がさめたらこして油のみを抽出。

これを一日こさじ一杯程度、食べ物にかけて摂取すれば良いそうである。
しかも、ニンニク臭は残らないとの事である。

早速、作ってみた。
油はオリーブオイルで
キッチンは物凄いニンニク臭がたち込め、臭いが残るかどうか判別できない。
しかし、なかなかいける。
トーストにニンニク風味のアホエン入りオリーブオイルを塗って、ちょっとだけケチャップで味付け。
ちょっと小粋なイタリアン朝食に様変わり。

臭いが残らないかどうか、分からないが・・・出勤前に食す。
トースト一枚分で、こさじ1杯をオーバーしてしまうが・・・
当分、私の朝の定番となりそうである。

っと言うか、調子に乗って作り過ぎた。
作った油は、冷暗所で1ヶ月くらいで消費するようにとの事である。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.11.11

メアド

たまには、blog機能の一つトラックバックなんぞも・・・
って事で、いつも楽しく読ませて頂いている「眞鍋かをりのここだけの話」へ

父親からのなんともステキなメアド変更通知のメール。

「毎日、毎日知らない人から送られてくる出会い系などの楽しそうなメールに、つい魔が差してサイトに入ってしまいそうなので間違いを起こす前にアドレス変更しました。 ご面倒ですが変更登録お願いします。 ☆manabe ^_^ 」

なんだか、読んでてうれしくなっちゃいます。
こんな内容なら喜んで!って感じですよ。

しかし、世の中に出会い系サイトからのメール多いみたいですね。
何故か私のところには一度も来た事がないので、どんな楽しそうなメールが届くのか知らないんですよね。
ワンギリなら未だにありますが、メールだけは・・・そんなに複雑なメアド使ってないつもりなんですけどね。

もちろん、PCのメールにはそれらしいメールは良く来ますが・・・
それ以外のダイレクトメールの類は幾つもあるので、読まずに一緒に削除してます。
(ウィルスの類だと色々と面倒ですからね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.01

少年の心

いつまでも少年の心を持っているつもりであった。
精神年齢が低いままという訳ではなく・・・

しかし、肉体の方は、とっくに少年の心(精神とでも言うべきか)を忘れ去ってしまった様である。
土曜日のジムカーナから2日経過した今日もまだ、肉体の疲労が全く取れない。
筋肉痛ではないが、全身が重くだるい。
月曜日の朝から既に金曜日の一日を終えるかの如く疲労感である。

当然、テンション低め、やる気もナッシングである。

少年の心を忘れない私は、食後にチョコレートを購入。
甘いものでも食べて、午後の仕事に挑む事に

甘い匂いを漂わせながら、少年の心でオヤジの肉体に鞭打つ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »