« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.28

李連傑:荒波から家族をかばい脱出、途中で負傷

 12月27日、インドネシアのスマトラ島沖で発生した巨大地震で、安全が確認されたばかりの李連傑(ジェット・リー)だが、実は避難時に軽傷を負っていたことが明らかにされた。複数メディアが伝えている。
 
 ジェット・リーは、妻、娘や知人8人でモルディブでバカンスを過ごしていた。しかし26日に大地震が発生。それ以来、消息が途絶え、安否が気遣われていた。初めてジェット・リーから香港にいたマネージャーに連絡が入ったのは27日。電話で、ジェット・リーは「軽い怪我をした」と語っていたという。

 地震発生当時、ジェット・リー一行は、海岸付近のホテルで休息を取っていた。地震が発生すると、ホテルにも津波が押し寄せ、一行はただちに避難。しかし、宿泊客が逃げ惑う中、4歳の娘が転倒。ジェット・リーは娘を抱きかかえて、逃げたという。

流石、アクション俳優!
ヒーローは実生活でもヒーローだね。
私には、津波に襲われた際に助ける娘も息子もいないが、体力作りくらいしとかないとなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.20

12ヶ月点検

19日(日)
車の12ヶ月点検に行ってきた。
何故か?車を買ったディーラーからハガキが来なかったが、近所のディーラーとモンスターからハガキが来た。
面倒なので、近所のディーラーへ折り畳み自転車を積んで行く。
3時間程かかるとの事で、車を預け、そのまま折り畳み自転車で帰ってきた。

点検を終え、車を迎えに再び自転車で、

エンジンオイル交換
オイルフィルター交換
ミッションオイル交換
ブレーキ部のグリスアップ?
タイヤローテーション
等など

点検の結果は、異常なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牧場

17日(金)は、夕方から東大へ出張してました。
17:00からの予定だったのだが・・・
会場予約のダブルブッキングで、我々は後回しに。
内容が翌日行われるシンポジウムの会場設営で、私はIT機器の確認と操作方法を担当者へ説明するだけの簡単だけど、時間の見えない作業なので、あっさり明け渡す。
それにしても、あの庶務のおばちゃん、あんなに大げさに騒ぎ立てる程の事でもないであろうに・・・
最初から、こっちは後で良いですって言ってるのに、クドクドと・・・そもそも大学側のミスでしょ?
そもそも、会場を大学に設定しているのに、機器の使い方が分からないと言うから、私が見に来たのに・・・
向こうは18:00から使用するらしいが、それまでに終わらせられれば・・・とも思ったが、時間は見積もれなかったし、うるさい。
外部から来た我々に、「自分たちの方が優先されるべき!」的な発言は如何なものかと・・・迫力に圧倒されました。

っで、終わるまでの2時間程の間に食事を・・・で飲んでました。少々。
忘年会シーズンの週末です。
どこも予約で一杯で、ようやく見つけた小さな居酒屋。
客は我々のみ。ちょっと怪しい。
店員に勧められ、注文した「牧場(だったはず)」。
コンビーフを焼いて、バターを乗せただけのものであるが、評判が良くて美味しいとの事であった。
味の方は・・・コンビーフバターである。

腹も膨れ、程よい加減の頃に2時間が終わりを告げる。
こんな時間になっても、我々以外客は居なかった。
歩いて、大学へ戻る。
名物、赤門から入場。

先に使ってもらって正解だった。
学生の方が慣れている。
我々が使用するのに便利なように、必要な機器を追加して接続。
予想より早く作業完了。
操作も簡単で、説明も直ぐに終わった。

作業を終え、帰りの電車。
次で降りる駅だという頃になって、急に気分が悪くなった。
気持ち悪い、腹も痛い、目眩もする。
冷や汗ダラダラ状態である。

駅へ付き、扉が開くと同時に、電車から降りたものの、立っていられない。
フラフラしながら、ゆっくり歩きながら、トイレへと。

トイレを済ませ、少し気分がよくなった。
良くわからないが、頭の中で「牧場」の記憶が蘇った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.13

来年も・・・

スズキスポーツCUP ワンメイクレースシリーズ 2005 開催のご案内

来年は、名称が変更されるだけでレースは開催されるようです。
良かった良かった。
また来年も見に行く楽しみができました。
(参戦はしないけどね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニホイ

ブリトニー足から悪臭、乗客から苦情

美人でもやっぱり、足は臭うんだね。

先日、弟宅へ行った際に、姪が足臭いといって、臭いをかがされたが・・・
3歳の子でも十分、臭い。
ちょっと別世界が見えそうなくらいであった。
「おじちゃんの足も臭い」と言って、姪に臭いをかがれたが、はっきり言って足元にも及びませんよ。
私の足が無臭に感じたからね。

それにしても、飛行機の乗客が苦情を訴える程のニホイとは・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »