« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.26

日本でも耐性ウイルス急増

日本でも耐性ウイルス急増 原因不明、インフルエンザ

 【ワシントン25日共同】抗ウイルス薬アマンタジンが効きにくい耐性のA香港型インフルエンザウイルス(H3N2型)が、日本国内で急増の兆しがあることが、鈴木宏新潟大教授(公衆衛生学)の調査で分かった。米テキサス州ガルベストンで25日まで開かれた日米医学協力計画専門家会合で、同教授が明らかにした。

私の記憶が確かなら、生まれてこの方インフルエンザにかかった事はない。
風邪もここ数年引くことすらなくなってきたが・・・

地震や積雪での災害で不便な暮らしを余儀なくされている地域が各所にある中、インフルエンザが蔓延すれば大変な事になるだろう。
しかも、薬が効きにくいとなるとなおさらである。
なんとか、早急な対策を見つけて欲しいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.25

DRCも無事展開

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)のデータ中継衛星通信部(DRC)の展開結果について
平成18年1月25日
宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構は、陸域観測技術衛星「だいち」のデータ中継衛星通信部(DRC)の展開を平成18年1月25日午前9時37分から実施し、同44分に「だいち」から受信したテレメトリデータによりその展開を確認しました。別添に展開画像を示します。  衛星の状態は正常です。

DRCも無事展開したようで、経過は上々ですね。
後は動作確認ですからね?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.01.24

H2A打ち上げ成功、地球観測衛星「だいち」が軌道に

H2A打ち上げ成功、地球観測衛星「だいち」が軌道に

宇宙航空研究開発機構は、24日午前10時33分、地球観測衛星「だいち」を搭載したH2Aロケット8号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。分離した陸域観測技術衛星「だいち」は予定通りの軌道に投入された。

とりあえず、無事ロケットの打ち上げは終了しましたね。
後は、無事人工衛星が軌道上に投入され、運用が開始されるか?!って所ですね。

打ち上げ日は、延期で心配されたが、いざ打ちあがれば順調です。
あまり順調過ぎるとかえって怖いんですけどね。

人工衛星の初期運用が問題なく開始されるのを祈るのみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.20

NHK、衛星チャンネル数削減へ

NHK、衛星チャンネル数削減へ…ラジオなども検討

 一連の不祥事を受け、NHKが策定している2006年度からの「3か年経営計画」(経営ビジョン)案が19日、明らかになった。

 「NHKの新生とデジタル時代の公共性の追求」と題された計画案は、衛星放送(第1、第2、ハイビジョン)について、放送が完全デジタル化される11年に向けて「チャンネル数の整理を含め、総合的に検討する」として、削減する方向を明記した。24日に正式決定する。NHK自らが保有チャンネル数の整理を打ち出したのは初めてで、「公共放送」のあり方が問われている中で、今後のNHK改革論議にも影響を与えそうだ。

だいたい、衛星方法も第1、第2、ハイビジョンと3チャンネルあっても、放送内容は同じ物が大半である。
にも係らず、衛星放送受信については、別料金である。
私はCATVに入っており、CATV経由で衛星放送が見れる関係上、衛星放送分も料金を支払っている。
で実際に衛星放送を見てるか?と言えば・・・
ほとんど見ていない。
見たい番組が無いのに、金だけ支払っているというのが現状である。

チャンネル数の削減と共に、料金も削減してもらいたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から全面撤退

コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から全面撤退

 精密大手のコニカミノルタホールディングスは19日、カメラ事業から今年3月末までに全面撤退すると発表した。

 写真フィルム事業も2007年9月末までに生産、販売を終了する。国内の大手カメラメーカーがカメラ事業から全面撤退するのは初めてだ。

時代の流れというか・・・
デジタルカメラが主流になってきた今においても、コニカミノルタと言えばカメラ業界では老舗だというイメージがあるのですが・・・
やはり、デジタル化により必要な技術がシフトしてきているからなんでしょうが・・・
会社として、母体であった事業からの撤退は難しい選択だったではないでしょうか?

ただし、私個人の趣味としては・・・
コニカミノルタのデジカメを使っていた事もあります(安いやつですが)
デザイン等は電機メーカ系の方が良かったですね。
しかし、カメラとしての機能については電機メーカ系より豊富だったようにも思えます。
今では、CCDカメラの技術向上と加工ソフトの進化で「カメラ」としての機能は重要視されなくなったのかもしれませんね。
携帯電話もカメラ付きで、音楽も聴ける。
電話としての機能より、その他の機能が充実してきて携帯電話ではなく、携帯便利機器になってきてますからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.17

震災から11年

阪神淡路大震災から、もう11年も経ってしまうんですねぇ・・・

当時も今も、関東に住んでいますし、実家は九州なので深い関わりな何もないのですが・・・
やはり、あれだけの大震災ですので記憶に残りますね。


阪神大震災 17日で11年 「備え」への関心薄れ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.12

年休取得、使用者に義務付け

年休取得、使用者に義務付け=消化率の低迷打開へ−厚労省方針

 厚生労働省は11日、5割を下回る年次有給休暇の消化率を向上させるため、使用者に具体的な取得日の決定を義務付けるなど、新たな年休関連制度を策定する方針を固めた。2007年の通常国会に労働基準法など関連法の改正案提出を目指す。同省は労働者の健康を確保する観点から年休取得を重視しているが、現実の職場環境では周囲への遠慮などが壁になり消化率は低迷。年休取得日の指定を労働者だけに任せる制度が「限界に来ている」(労働基準局)と判断した。  (時事通信) - 1月12日7時1分更新

消化率低迷の理由は、周囲への遠慮ではなく、休暇を取りにくくしている職場環境そのものにあると思っているのだが・・・
個人への仕事の依存率(能力や単なる人手としてでも)が高いため、休暇を取得する事による後の負担増を考えれば、休むものも休めなくなる。
また、仕事がひと段落しても、長期休暇を取得する海外で言う所のバカンス的な物は、日本の企業では認められていないから、休めないという理由もあるだろう。

だから、大型連休に人の移動が集中する。

日本企業の職場環境、習慣そのものを変えていかなければ強制的に休む事にされた、その後の仕事の負担増は変わらないのではないだろうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

篠塚リタイア!ラストラン完走叶わず

篠塚リタイア!ラストラン完走叶わず パリダカ第10S

 【ケーズ(マリ)10日=中島祥和】2006年ダカール・ラリー(通称パリ・ダカ)は10日、第10ステージのキッファ(モーリタニア)〜ケーズ(マリ)間333キロ(うち競技区間=SS283キロ)を行い、今回がラストランとなる篠塚建次郎(57)=日産パスファインダー=が車両故障でリタイア。三菱パジェロ・エボリューションのステファン・ペテランセル(フランス)が総合首位を堅持した。

 最後の挑戦は実らなかった。電気系統の故障でストップし、一度は修理して走り続けたものの、再びストップ。ついに力尽きた。21回目、そして最後のパリ・ダカで「必ず完走する」と執念を燃やしていた。ダカールには篠塚の出資で建設された小学校がある。「毎年、子どもたちに文房具を届けているけど、今年はちゃんとゴールして、その足で届けに行きたい」と話していたが、夢はかなわず旅路は終わりを告げた。
(スポーツ報知) - 1月12日8時0分更新

ラストランでゴールできなかったというだけでなく、篠塚さん出資で建設された小学校へ文房具を届けるという事もできなかったという夢も叶わなかったという面が、実に残念でなりませんね。
新型車両でいろいろとトラブルもあったんでしょうが・・・
残念でしたが、とりあえず今は「お疲れ様でした」と言いたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.11

ウォームビズ」寒波で不発

「ウォームビズ」寒波で不発、ネクタイ業界がっかり

 環境省が打ち出した省エネ運動「ウォームビズ」が今ひとつ盛り上がっていない。

 冬の間の暖房を弱め、代わりに厚着をして仕事をしようというものだが、ノーネクタイが象徴的だったクールビズと違ってイメージがつかみにくく、「何をどうすればいいのかわからない」という声も。

 記録的な寒波の中で、「暖房を抑えてとは言いにくい……」との戸惑いも環境省内からは聞かれる。この寒さに景気回復効果も重なり、冬物衣料の売れ行きは上々だが、肝心の省エネ効果は見えないままだ。

ウォームビズで室内の温度下げられたら、手がかじかんでキーボード打てません。
寒くてコーヒーばかり飲むので、トイレが近くなりました。

ハルンケアのCMが気になります。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2006.01.10

愛煙家にはトマトジュース?

愛煙家にはトマトジュース?=マウスで肺気腫防止−順天堂大とカゴメ

 たばこを長年吸い続けた状態にしたマウスに、飲み水にトマトジュースを半分混ぜて与えると、肺胞が壊れて息切れが起きる肺気腫(しゅ)の発症を防ぐ効果があることを、順天堂大医学部とカゴメ総合研究所の共同研究チームが9日までに確認した。研究成果は米生理学会の専門誌に発表される。  トマトに含まれる赤い色素リコピンの抗酸化作用が原因と考えられ、研究チームは今後、肺気腫や慢性気管支炎の患者にも効果があるか調べる方針。  (時事通信) - 1月10日0時2分更新

喫煙者である私にもトマトジュースが有効なんだろうけど・・・
トマト嫌いである私には、トマトもトマトジュースもダメである。
唯一トマトケチャップくらいかな?
かと言って、トマトケチャップ飲む訳にもいかないが・・・

ケチャップの使い方を検討するかなぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.06

年末年始のおもしろかったテレビ番組ランキング

発表! 『年末年始のおもしろかったテレビ番組ランキング』

う〜ん、暇でテレビはボーっと見てたはずなんだけどなぁ・・・

総合ランキングのベスト20内で見た番組は3つしかない。
内2つはK-1とPRIDEの格闘番組。

おかしいなぁ・・・何見てたんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.05

次世代DVD機を先行販売 東芝、3月に北米で

次世代DVD機を先行販売 東芝、3月に北米で

【ラスベガス4日共同】東芝は4日、米ネバダ州ラスベガスで会見し、高精細度テレビ(HDTV)など大容量の画像を記録できる次世代DVDの「HD DVD」プレーヤー2機種を今年3月、北米で発売すると発表した。ソニーなどの「ブルーレイディスク」陣営と次世代DVD規格統一をめぐり対立している中で先行して市場投入する。  2機種の価格は499・99ドル(約5万8000円)と799・99ドル。既存のDVDプレーヤーとほぼ同じ価格帯で、HD DVDを早期に普及させるのが狙い。 (共同通信) - 1月5日10時54分更新

安い金額で次世代機種が購入できるのはうれしい話ではあるんですが、規格統一で負けてしまうと後々使えなくなってしまうので、気になる所ではありますね。
とは言え、地上波デジタル放送もそうですが、完全移行はまだ先ですから、「繋ぎ」と考えて買うのも手かもしれませんが・・・
国内での販売はわかりませんが、ソニーさんも低価格で参戦してくれるとうれしい限りではありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Intel、コーポレートロゴを変更

Intel、コーポレートロゴを変更

米Intelは1月3日、新ブランドロゴを発表した。この新ブランドは同社の「歴史における大きなマイルストーンと、プラットフォームソリューション企業への進化を示す」ものだという。

 1991年から使われてきた「Intel Inside」ロゴに代わり、新しいコーポレートロゴは「Intel. Leap ahead」となる。

見慣れた「Intel Inside」から変更になりますね。
まだちょっと違和感はありますが・・・大きな変更はないので見間違える事はないでしょうね。

ちなみに、私は現パソコンと、1つ前のパソコンは何れも自作ですが、CPUはAMDです。
Intelが嫌いな訳ではなく、高いから買えなかったんです・・・orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.04

琉球犬

琉球犬 保存会、復活に懸ける

県の天然記念物に指定されている沖縄の在来犬「琉球犬(いぬ)」を本格的に普及させようと、琉球犬保存会元会長の新垣義雄さん(66)=与那原町=や会員らが保護と繁殖に取り組んでいる。
 琉球犬は南方アジア系の縄文時代からの犬で、古い時代の遺伝形質を持った「生きた文化遺産」といわれている。性質はおとなしく、人なつこい。

戌年に合わせて、アピールをしようと考えてるようですね。
私のイメージでは、琉球犬ってどうしても、シーサーの様な姿を想像してしまったのですが・・・
そんな事はないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »