« 震災から11年 | Main | NHK、衛星チャンネル数削減へ »

2006.01.20

コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から全面撤退

コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から全面撤退

 精密大手のコニカミノルタホールディングスは19日、カメラ事業から今年3月末までに全面撤退すると発表した。

 写真フィルム事業も2007年9月末までに生産、販売を終了する。国内の大手カメラメーカーがカメラ事業から全面撤退するのは初めてだ。

時代の流れというか・・・
デジタルカメラが主流になってきた今においても、コニカミノルタと言えばカメラ業界では老舗だというイメージがあるのですが・・・
やはり、デジタル化により必要な技術がシフトしてきているからなんでしょうが・・・
会社として、母体であった事業からの撤退は難しい選択だったではないでしょうか?

ただし、私個人の趣味としては・・・
コニカミノルタのデジカメを使っていた事もあります(安いやつですが)
デザイン等は電機メーカ系の方が良かったですね。
しかし、カメラとしての機能については電機メーカ系より豊富だったようにも思えます。
今では、CCDカメラの技術向上と加工ソフトの進化で「カメラ」としての機能は重要視されなくなったのかもしれませんね。
携帯電話もカメラ付きで、音楽も聴ける。
電話としての機能より、その他の機能が充実してきて携帯電話ではなく、携帯便利機器になってきてますからね。

|

« 震災から11年 | Main | NHK、衛星チャンネル数削減へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47165/8244862

Listed below are links to weblogs that reference コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から全面撤退:

« 震災から11年 | Main | NHK、衛星チャンネル数削減へ »