« June 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.25

給食費滞納

給食費滞納、全国で22億円超…6割は「モラル低下」

1月25日3時6分配信 読売新聞

 学校給食費の滞納問題で、文部科学省は24日、初の全国調査結果を公表し、2005年度の小中学校の滞納総額が22億円超にのぼることを明らかにした。

 児童・生徒数で見ると、100人に1人が滞納していた計算だ。滞納があった学校の6割は、「保護者の責任感や規範意識が原因」としており、経済的に払えるのに払わない保護者の存在が改めて浮き彫りになった。

世代的には私とそんなに変わらない世代が親達であると思うが・・・
独身である私が、どうこう言えた義理ではないかもしれないのだが、あえて言うなら

モラルの低下した親が育てる子供のモラルが保たれている訳がない!
最近の学校での「いじめ問題」の一端は、モラルの低下した親にも問題があるのではないか?
学校教育法を変えようという動きもあるが、まずは親の教育が先なのではないかと・・・

なんとも情けない世の中になったものである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.22

影響力

久々に更新ですが・・・

<番組ねつ造>納豆発注ストップ…業者悲鳴

テレビ番組「発掘!あるある大事典2」が放送した「納豆ダイエット」の内容ねつ造を、制作した関西テレビ(大阪市北区)が認めて一夜明けた21日、大生産地の茨城県の納豆製造業者には早速発注取り消しの電話が入り、業者が頭を抱えている。増産態勢をとっていた業者は「このままでは廃棄処分が出るかもしれない」と話す。

改めて、テレビの影響力の大きさを実感した。
「納豆ダイエット」の回は、私も見ていたが、毎日とはいかないまでも、頻繁に納豆は食べていた。
それが、放送後から気付けば、スーパーで納豆が売っていないのである。
全て売り切れ状態。

ようやく納豆が買えたのが、ねつ造について報じられ、謝罪会見が開かれた日であった。

私の住む茨城では、水戸が代表的であるように、日常的に納豆が食べられている地域であろう事は容易に想像できる。
スーパーでも、納豆が売り切れている事、思わず声をあげる家族などを何度か見かけたものである。
ようやく、普段の食生活に戻れるであろうが、生産が追い付かず増産を図った業者にとっては、大きな痛手を負う事になるようである。

今回の「ダイエット」については、情報はねつ造されたものであったが、健康に良い食品である事には変わりないのだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | February 2007 »