« February 2007 | Main | April 2007 »

2007.03.22

読み逃げ

「mixi読み逃げ」ってダメなの? 友人のmixi日記を読み、コメントを残さずに立ち去る「読み逃げ」を失礼と感じるユーザーが増えており、読み逃げを公然と非難する人も出てきた。だが古参のネットユーザーを中心に「何が悪いか分からない」という人も多く、“読み逃げ禁止文化”に対する困惑が広がっている。 2007年03月20日 12時29分 更新

SNSというネット社会にも様々なルールが存在するのだろうが、これを失礼とするかどうか・・・
私には甚だ理解できないルールではある。

ホームページの流行始めの頃は、アクセスカウンターによるアクセス件数を気にするユーザが多く、アクセスカウンターがアップするのを気にしていたようである。
しかし、これは自分のアクセスもカウントされるし、検索エンジンのアクセスもカウントされる。
当時から私は、自己満足の数字でしかないと考えていた。

ブログを中心としてSNSも足跡という形で、アクセスを記録している。
友達機能などもあり、Web形式のホームページより相手を特定できるようになり、コメントを求めるようになったのかもしれない。

しかしながら、内容から必ずしもコメントできるか?
同じ内容のコメントが既にされているのなら、同じコメントをするか?

ネット社会は、お互いの顔が見えない為、コメントにより認識するしかないのかもしれないが・・・
現実逃避しネットでかまって貰いたく仕方のない、寂しい社会の現れのようにしか映らないのだが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.03.06

ミツバチも過労死?

怪奇 消えるミツバチ 米24州に拡大 “過労死”?…原因不明

3月2日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=山本秀也】米国全土でミツバチが巣箱から集団で失踪(しっそう)する怪現象が広がっている。養蜂(ようほう)業者の減少で、みつの採集などの作業を通じて過度のノルマを課せられたことによる“過労死説”も出ているが、原因は分からず、国家養蜂局(NHB)が緊急調査に乗り出した。養蜂業への打撃に加え、ハチを介した受粉に依存するアーモンドやブルーベリーといった140億ドル(約1兆6000億円)規模の農作物への深刻な影響が懸念され始めた。

ミツバチといえば、アリと並び働き者の代名詞。
そんなミツバチがアメリカ全土で集団失踪とは・・・ストライキ?合同決起集会でも??
更に、過度のノルマを課せられたことによる過労死説なんて・・・
ハチミツや蜜蝋など、健康に良いものを作るミツバチも過労には勝てないのか・・・

なんとも厳しい世の中ではないですか。
これからのシーズン、ミツバチの活躍の季節でしょうが、失踪したミツバチ達はどこへ行ったのでしょうねぇ。


などとメルヘンチックはお話はこれまでで・・・
原因はなんでしょうかね?
やっぱり異常気象とかが原因なんでしょうか?
このまま農作物への被害もあるとなると、農作物の値上がりも必死ですね。
アーモンドが値上がりするって事は、アーモンドチョコレートへも影響が!?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | April 2007 »