« 初心者ギャラリーやりたい放題 | Main | <発砲>モデルガンで小1にけが…74歳逮捕 川崎 »

2007.06.12

ラニーニャ発生、夏は暑い傾向=降水量は多めか-秋まで続く可能性・気象庁

ラニーニャ発生、夏は暑い傾向=降水量は多めか-秋まで続く可能性・気象庁 6月11日16時30分配信 時事通信

 気象庁は11日、太平洋赤道域の海面水温が中部から東部にかけて低くなる「ラニーニャ現象」が5月から発生しているとみられると発表した。10月ごろまで続く可能性が高い。同現象が発生した夏は太平洋高気圧が強くなり、東・西日本で気温が平年並みか高く、東・西日本の太平洋側と南西諸島で降水量が平年並みか多くなるという。
 九州南部以外の本州では梅雨入りが遅れているが、これは「太平洋高気圧が不活発な時期に当たり、梅雨前線の押し上げが弱い」(高橋俊二予報官)ためで、今後は同前線が順調に北上する見込み。ラニーニャ現象の際は、梅雨期に降水量が多く、梅雨明けは早い傾向がある。
 ただし、気象庁は同日、「西日本の少雨に関する全般気象情報」も発表しており、西日本では当面、水や農作物の管理に注意する必要がある。 

なんか、毎年なんとか現象で夏が暑いと聞いてるような気が・・・
これも地球温暖化の影響ですかね?

クールビズでかりゆしウェアが定着しつつあり、日本全体が沖縄化して来た昨今、このまま暑くなり続ければ、更に南下して行きそうな気配。

|

« 初心者ギャラリーやりたい放題 | Main | <発砲>モデルガンで小1にけが…74歳逮捕 川崎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47165/15404788

Listed below are links to weblogs that reference ラニーニャ発生、夏は暑い傾向=降水量は多めか-秋まで続く可能性・気象庁:

« 初心者ギャラリーやりたい放題 | Main | <発砲>モデルガンで小1にけが…74歳逮捕 川崎 »