« June 2007 | Main | August 2007 »

2007.07.26

豪州牛肉、国産と偽装=食肉卸業者と精肉店捜索-学校給食用に納入・香川県警

豪州牛肉、国産と偽装=食肉卸業者と精肉店捜索-学校給食用に納入・香川県警 7月26日10時1分配信 時事通信

 豪州産牛肉を国産と偽り、香川県丸亀市の外郭団体「丸亀市学校給食会」に納入した疑いが強まったとして、県警生活環境課などは26日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、同県三豊市の食肉卸「村食」と、丸亀市の「ふじや精肉店」など数カ所を家宅捜索した。
 同課は、経営者らから事情を聴き、偽装の実態解明を進める。
 調べによると、ふじや精肉店は昨年12月から今年1月、村食から豪州産牛枝肉を購入。国産牛の固体識別番号を記載した証明書を添付し、10数回にわたり計約1.5トンを学校給食会に納入した疑い。村食は、ふじや精肉店に同証明書を渡した疑い。 

なかなか後を絶たない肉の偽装事件。
困ったもんですね。

私、昨日スーパーでサイコロステーキ用牛肉買いました。
300gで198円とお買い得。
オーストラリア産牛肉と書いてましたが、何故か「国産牛入り」のシールが貼られてました。
サイコロステーキ用の肉ですから、当然中身は四角く切られた肉だったのですが・・・
いくつか国産牛の切り身が混じってるって事か?それはアタリなの??

おそらく切り身じゃないんでしょうね。
まぁ、安いから文句は言いませんが、国産牛混ぜる意味あるのか?
私の記憶では、オーストラリアは狂牛病の発病が無かったと思うので、国産よりも安全なのでは?
しかも、国産より安いし・・・

とは言え、生産地の明記が義務付けられていても、それを偽装するから、ますます何処の生産肉なのか、そもそも何の肉なのかも怪しいんですけどね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.23

熊本大雨被害も激甚指定検討=安倍首相

熊本大雨被害も激甚指定検討=安倍首相

7月23日13時2分配信 時事通信

 安倍晋三首相は23日午前、参院選遊説のため熊本県入りし、7月上旬に梅雨前線による大雨の被害を受けた美里町を訪れた。首相は、同町役場で潮谷義子同県知事から被害状況の説明を受け「スピード感を持って激甚災害指定の検討をしていきたい」と述べた。
 また、土砂崩れの現場を視察し、5世帯11人が避難生活を送る高齢者地域ふれあいセンター前で「一日も早く復旧、復興が進むように全力で支援をする」と激励した。

新潟の震災の被害者の方々への行き過ぎた取材が問題になって来ている昨今、TVでも話題はもっぱら新潟ばかり・・・
すっかり、TV報道から忘れ去られた感がありましたが、熊本も避難所生活が続いているんですよね。

私もすっかり忘れていました・・・
早い復興をお祈り致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食品だけじゃない中国ニセモノ事情!ゴミから作った高級布団を摘発―安徽省

食品だけじゃない中国ニセモノ事情!ゴミから作った高級布団を摘発―安徽省 7月23日9時47分配信 Record China

2007年7月20日、安徽省淮北市の住宅地で、ニセ高級布団の工場が摘発された。原料は繊維のくず・工業ゴミだという。

工場は四方を住宅地に囲まれた静かな場所に立地している。たどりつくためには狭い路地を通るしかなく、これまで管理の目を逃れることに成功していた。路地を抜けると、2階建て、総面積1000平方メートル以上の工場があり、地下には繊維くず・工業ゴミなどの「原料」が山積み。2階には梱包用の袋が保管してあり、生産されたニセ高級布団が「豪華夏布団」「新婚用布団」などの名称で売られていたことが分かった。【 その他の写真はこちら 】

工場は、付近の絨毯工場・紡績工場からくず・ゴミを集めてきて、粉々になるまで裁断した上でカバーにつめ、製品として出荷していたという。原料からは汚いホコリが巻き上がり、異臭を放っているなど、明らかに品質は劣悪だった。現在、工商局はこの工場を閉鎖、販売ルートについて調査を進めているという。(翻訳・編集/KT)

異臭は埃は困るけど、リサイクルだよね?これって
高級品と売るのはどうかと思うけど、うまく処理できるならリサイクルとして、地球環境に優しい??
まぁ、買うかどうかは別にして・・・

段ボール肉まんもリサイクルか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.19

<段ボール肉まん>中国のTV局が「やらせ報道」と謝罪

<段ボール肉まん>中国のTV局が「やらせ報道」と謝罪 7月19日1時3分配信 毎日新聞

 【北京・大塚卓也】北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これを「スクープ報道」した北京テレビは18日夜のニュース番組の中で、「やらせ報道」だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪した。
 中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めた。だが、中国の首都のテレビ局によるねつ造と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうだ。

丁度、日本でもミンチ肉の偽装が問題になっていた時期だっただけに、結構衝撃的なニュースでしたからね、「やらせ」だったと言う事で、一安心と言えば一安心なんですが・・・
北京オリンピックを控えての、中国の安全性って事が発端だと思ったのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.18

あの懐かしの「ペン回し」メジャースポーツへ

あの懐かしの「ペン回し」メジャースポーツへ

7月18日13時35分配信 産経新聞

 人知を超えた華麗な指さばきでペンを回す「ペン回し」。これを「競技」として整備するべく、「日本ペン回し協会」が設立していたことが19日、分かった。15日には東京・月島区民館で設立総会が開かれ、愛好家多数が参加、8月には国内初の競技大会が開催予定という。すでに欧米や韓国には競技団体もありネット上で世界大会が行われるなど裾野も広く、かつて「浪人生の特技」とされたペン回しが、メジャー競技として整備されつつある。

私も高校生の頃だったと思うが、ペン回しの技を習得したものである。
当時は「浪人回し」とも言われたものだったが・・・
時代の経過は、思わぬ変化を生んだようです。

それにしても、「浪人回し」が世界的規模で広がっていたとは・・・

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2007.07.12

謎の万札放置18都道府県計398枚に

謎の万札放置18都道府県計398枚に

7月12日8時2分配信 スポーツ報知

 埼玉県や秋田県で見つかった1万円札入りの包みと同様の包みや封筒が、全国で次々と発見されていたことが11日、分かった。これとは別に昨年9月にも静岡市で同内容の手紙が添えられた1万円札10枚が見つかっていたことが判明。これを含めると見つかった1万円札は北海道から沖縄まで計18都道府県、計398枚。一体誰が何の目的で?

最近、話題の出来事ではありますが、昨年から既に起こっていた出来事だったんですね。
全国で398枚って事は、それぞれ1万円札が添えられているという事は、398万円って事ですよね。


ウチのトイレにも置いてくれないかなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.06

価格高騰必至 台湾がウナギ稚魚禁輸へ 国産養殖の2割

価格高騰必至 台湾がウナギ稚魚禁輸へ 国産養殖の2割

7月5日8時43分配信 産経新聞

 【台北=長谷川周人】台湾から日本に輸出しているウナギの養殖に使う稚魚、シラスウナギについて、台湾当局が今年11月にも禁輸措置に踏み切る方向で専門家との詰めの協議に入っていることが4日、わかった。禁輸期間は3カ月程度に限定する見通しだが、日本の養殖業者への影響は避けられず、今後、ウナギの価格高騰を招く可能性が出てきた。

よく「中国産」とかって書かれたウナギは日本産より安く売られているのを見かけますが、日本産も元を正せば大半が台湾産なんですね。
資源に乏しい日本ではありますが、国土の狭さから食料も輸入に頼らざるを得ないんですね。

国土で生産できる食料で賄いきれない程大量の人口を抱える日本では、その大勢の生産力を持ってしても国を豊かにできていないんですよね。
大量の生産力の成果はどこで発揮されているのでしょうねぇ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.04

犬肉の販売から料理法まで「犬肉サイト」、議論広がる

犬肉の販売から料理法まで「犬肉サイト」、議論広がる

犬肉を販売するインターネット・サイトが登場し、ネットユーザーの間に賛否両論が渦まいている。4月から運営中のオンラインショッピングモール「補身ドットコム」では、1品600グラムで犬肉を販売しており、1頭を丸ごと買える商品もある。

1頭は約20万ウォン(約2万4000円)から31万ウォンまで。同サイトは、一般の補身湯(ポシンタン、犬肉スープ)の店とは異なり、ネットでのみ注文を受け、犬肉料理に必要な野菜と薬味を宅配し、料理法も紹介している。同サイトをめぐって、城南市(ソンナムシ)オフィシャルサイトでは先月から、サイトの閉鎖を求める犬肉反対者の書き込みが相次いでいる。

一方、同ショッピングモールは食用犬肉に賛成する人々から大きな支持を得ており、ショッピングモールの代表は、各マスコミとのインタビューで「食用犬肉を日なたに引き出し、さらに清潔かつ低廉な犬肉が供給できる市場を作るべき」と主張している。

これについて、お国柄の違いや文化の違いで、日本人である私は非難などはできないですね。
元々、日本人だって赤犬を食べていた時代がありますので、犬肉を食べる事が悪いとは言えないでしょう。
西洋人が日本人が鯨肉を食べる事に関する対応に近いものがあるかもしれませんしね。

しかし、日本では牛肉、魚の安全性が問われる中、犬肉なら安全かもしれないとしたら・・・
犬肉を食した事の無い私には、ちょっと・・・ですね。

あっ!鶏肉に関しては問題出てないですね。鳥インフルエンザを除いては・・・
宮崎の東国原知事、がんばって安全な鶏肉広めて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

賞味期限切れマグロ、すき身商品に混ぜ出荷…マルハ子会社

賞味期限切れマグロ、すき身商品に混ぜ出荷…マルハ子会社

7月4日14時43分配信 読売新聞

 水産大手「マルハグループ本社」の子会社「北州食品」(東京都中央区)が昨年10月~今年3月、マグロを刻んだ業務用の「マグロすき身」に、賞味期限切れの原料を混ぜて出荷していたことがわかった。

肉の次は魚ですか・・・
中国では調味料も髪の毛で作られていましたが・・・
世の中どうなっちゃったんですかね?
これも地球温暖化の影響か?
脳みそ湯だってるんじゃないかい!

消費者への配慮が足りなさ過ぎると思うのですが。

肉も魚も信用できないとなったら、ベジタリアンになるしかないか?
トマト嫌いなんですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

居眠り磐音 江戸双紙

たまたま知った、「居眠り磐音 江戸双紙シリーズ」の小説。
豊後関前藩って事で、大分だよな?
と少~し、興味を持って調べて見ると、いっぱいあるんです。
長編シリーズってやつですか?

とりあえず、1冊だけでも読んでみようと買って見ることに。
人気の小説で、しかも7月からNHKでドラマ化するとかで、書店では特設コーナーがあり、ずらりと並んでました。
シリーズ物(現在22巻?まであるようです。)なので、途中から読んでも話がわからないだろうと、最初の「陽炎ノ辻」を買ってみました。

いや~なかなか面白いですね。

私は大分市出身で、母方が臼杵市の出身。
関前藩の隣が臼杵の様ですので、多分あの辺りかと・・・

困った事に、ついつい読み入ってしまい、1冊なんてすぐに読み終わるんですよ。

っで、既に3冊目が終わろうとしています。

実は私、本を読むのは遅い方なんです。
マンガでもそうなんですが・・・眠くなってくるんです(^^;)
そんな私が1週間も経たない内に3冊もの小説を読むってのは、スゴイ事なんです。
(普段はマンガばかりですが、そのマンガですら3冊読めるか危ういのに)
若い頃は、隆敬一郎氏の小説にはまり、休日に一日中読みふけっていた事もありましたが・・・

まぁ、困った事に最近寝付けず、遅くまで本を読む時間が作れてしまったというのも要員の一つではありますが・・・
腰、首にヘルニアを持っている私が、腹ばいに寝転がり、長時間本を読んでいると、腰、首が痛くなるんです。
すると、眠くなった頃にはあちこち痛くて、眠くても寝付けず、目が覚めてしまい。
再び本を読み始めるという悪循環により、タダでさえ寝付けないのに、睡眠時間は普段の半分程になってしまってます。
「居眠り磐音」を読んでいる私が夜眠れず、昼行灯になってしまいそうです。

さて、今日あたり、続きを買って帰らねば・・・

関連URL:「居眠り磐音 江戸双紙」公式ホームページ
7月11日公開だそうで、まだ準備中みたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.02

つめはがしで看護師逮捕

つめはがしで看護師逮捕=入院患者に傷害容疑-福岡県警

7月2日12時33分配信 時事通信

 北九州八幡東病院(北九州市)で認知症の入院患者が足のつめをはがされた問題で、福岡県警八幡東署は2日、傷害容疑で、同病院看護師上田里美容疑者(40)=同市八幡西区京良城町=を逮捕した。「足は診たが、つめにはさわっていない」と容疑を否認しているという。

「ツバメ返し」かと思いました・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

醤油の材料に頭髪?

「アンビリバボー!」醤油の材料に頭髪?食品加工の驚くべき実態―中国

7月2日8時39分配信 Record China
2007年6月30日、中国の食品監督部門が行なった一斉調査で、180か所の食品加工工場に重大な違法行為があったとして、工場閉鎖命令が出された、と海外メディアが報道した。

これらの工場では、中国では使用が禁止されている添加物や化学薬品を使用しており、菓子や粉ミルク、海産物、調味料などから有害物質が検出されている。【 その他の写真はこちら 】

とてもにわかには信じられないことだが、香港の食品分析機関によると、ある工場では大豆の代わりに人間の頭髪を使って醤油を生産していたという。この頭髪醤油、味は大豆醤油と変わらないそうだが、人間の頭髪には鉛をはじめとする有害な重金属が含まれており、これを摂取することは人体に重大な危険を及ぼすと警告している。

日本でも、某食肉業者が雨水使って肉を解凍したり、信じられない食品業界の実態を垣間見た気がしましたが・・・
中国恐るべし。
髪の毛から醤油を作るなんて・・・
大豆の代わりに頭髪が利用でき、醤油を作り出すなんて発想がすごいです。

だんだん、自分の食べてる物がなんなのかわからなくなってきそうですね。
そのうち、ビニールとかプラスチックなんかも食べてたりしそうだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2007 | Main | August 2007 »