« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.22

ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了

ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 2月22日15時15分配信 ITmediaニュース 日本ポラロイドは2月21日、インスタントフィルムの生産を2008年夏までに終了すると発表した。カメラのデジタル化が進み、フィルム需要が減少したため終了を決めた。 インスタントカメラは昨年4月に生産を終えている。1948年に初のインスタントカメラ「ポラロイド・ランド・カメラ」を発売してから60年。同社の代名詞にもなっていたアナログインスタントカメラ・フィルム事業から、完全撤退することになる。

インスタントカメラと言う正式名称より、ポラロイドで通じる程、浸透していたポラロイド社がフィルムの生産を終了するとの事。
当然、カメラの生産は既に終えてるんでしょうね。

確かに、現在では携帯電話ですらデジカメは当たり前の様についており、フィルムを使用するタイプのカメラを持っている人は少ないですよね。
そう言う私もデジカメしか持っていませんが・・・
昔は、一家に1台のカメラで十分であったのに、現在では、一人1台のデジカメですからね。

正月に帰省した際、両親が孫の写真を撮ろうと、フィルム使用のカメラを使って撮影してました。
姪&甥はシャッターを切れば、撮影した映像が直ぐに見れるものだと思っていますので、「見せて」と言ってきますが、このカメラは見れないんだよと説明しても「何で?」と理解できないようでした。

それ程デジカメが当たり前になったんでしょうね。

証明写真用の機械も最近ではデジカメみたいですしね?取り直しもできるし

少し寂しい気もしますが、これが時代の移り変わりでしょうねぇ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.20

<戸籍原本>用紙入れ違い、2世帯の子ども入れ替わる 大阪

<戸籍原本>用紙入れ違い、2世帯の子ども入れ替わる 大阪

2月19日17時20分配信 毎日新聞

 大阪市北区役所に保管されている2世帯の戸籍原本で、子どもの記載が約1年半にわたって入れ替わっていたことが分かった。北区役所は「あってはならないミスで恥ずかしい限り」と、双方に電話や文書で謝罪した。

 同市は戸籍原本を1枚に3人まで記載される書類で管理しており、世帯ごとにファイルで分けている。この2世帯は4人家族で、2枚目に記載された子どもの出生届が同じ日に受理されていたため、北区役所は「2枚目の紙がミスで入れ違った可能性が高い」としている。

まぁ、間違いは誰にでもありますが・・・
親の話では、私も3歳くらいまで、戸籍上「女」で登録されていたそうです。
名前から
引越しの際に、気付いたらしく、修正を依頼したが、当時のシステムが複雑なのか、簡単には受け入れてくれなかったらしいです。
危うく戸籍上「女」として生きねばならなかったらしいですが、両親の頑張りで、晴れて「男」として生きております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.15

副都心線470億円も道路財源から

アロマ器具どころか…副都心線470億円も道路財源から 2月15日6時49分配信 産経新聞

 衆院予算委員会は14日、道路特定財源の使途をめぐって論戦がかわされた。民主党の長妻昭氏は、今年6月に開業する東京地下鉄副都心線の事業費に、道路特定財源から470億円支出されていることを指摘。冬柴鉄三国土交通相は「渋滞緩和が見込めるので支出している」と説明した。
 長妻氏は「理屈で言えば、渋滞が緩和されるなら新幹線や飛行場も道路特定財源で作ることができる」と指摘。さらに、今後10年間で最大59兆円を支出する道路整備中期計画の中で地下鉄への支出が明記されていない点をただすと、冬柴氏は「投入される予算は極めて限定的で、単価を算出していない」と述べた。
 また長妻氏は、国交省中部地方整備局が道路特定財源でアロマ器具2点(計4万6390円)を購入していたことを明らかにすると、冬柴氏は「職務環境を整えるために購入したと聞いているが、国民が不快だというならおわびする。今後は絶対購入させないよう徹底させる」と述べた。

「道路特定」と銘打って置きながら、この使い方。
「曖昧」を美とする日本の都合の良い解釈・・・

曖昧さを美徳するには、礼儀をわきまえた上での行為、言動であって、一部に都合の良い言動ではないはず。

アロマ器具を職務環境改善の目的で購入した事は問題ではないんです。
そのお金の出所が問題だと指摘しているんですが・・・この回答は答えになっていないですよね?
地下鉄が出来れば、本当に渋滞が解消されるの?地下鉄で物資も運んでくれるのかい??

まぁ、こんな簡単な道理も判らん優秀な人材達が天下りして、愚劣な民間企業や国民を支えていると考えるようですので、何を言っても無駄ですね。

道路特定財源は、無くせば困る人たちが沢山いるようですし、名称を変えれば済むんじゃないですかね?
「国土交通省自由支出財源」とか・・・これなら、何に使っても問題ないと思いますけよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.02.07

ブロードバンド普及率、日本14位=携帯は50位-国連報告

ブロードバンド普及率、日本14位=携帯は50位-国連報告 2月7日5時0分配信 時事通信

 【ジュネーブ6日時事】国連貿易開発会議(UNCTAD)は6日、最新の「情報経済報告」を公表した。それによると、2006年のブロードバンド(高速大容量)通信サービスの普及率は、日本が20.2%で14位だった。上位は軒並み、欧州の小国などが占めた。
 ブロードバンドの加入者数は、米国が前年比17.9%増の5825万人でトップ。ただ、2位の中国が35.8%増の5091万人で、米国に迫る勢いとなった。日本は3位で、15.2%増の2575万人。携帯電話の普及率では、日本は79.6%で50位だった。

ブロードバンドの普及率については、仕方ないのかな?とも思いつつ・・・
携帯電話って、日本ではかなり普及してると思っていましたが、50位ってかなり低いんですね。
IT先進国には、まだまだ遠いようですねぇ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.04

「朝カレー」で脳が活性化

「朝カレー」で脳が活性化 受験生の味方になる!? 2月4日11時6分配信 J-CASTニュース  東京・神奈川の私立中学入試が始まるなど、本格的な受験シーズンを迎えているが、受験生の間では「受験にウカール」などゲン担ぎの食べ物が大はやりだ。カツカレーもその一つ。しかしカレーは単なるゲン担ぎだけではないようだ。カレーを食べると脳が活性化して、集中力や計算力がアップする、という研究結果が出てきている。

■カレーを食べると脳内血流が約4%増加する

  「カレーを食べると頭が良くなるんです」

 こう語るのは、日本薬科大学教授で、東京・日本橋でクリニックを開業する丁宗鐵医師だ。丁医師は、東京大学助教授の頃からスパイスに注目してきた東洋医学の専門家で、現在まで100名近い治験者のデータを収集し、カレーが脳に及ぼす作用について研究を続けている。その丁医師は、カレーと漢方薬の共通点を「カレーのスパイスと漢方の生薬は同じものが多く、さまざまなスパイスや生薬を組み合わせて使う点も似ている」と語る。

私は二日酔いの日以外、朝目覚めた時は腹減ってます。
朝食欲が無い事なんて、殆ど無いんです。
風邪引いて、熱出てても朝から腹を空かせてますし・・・

でも、カツカレーは多分食えません。
起きて直ぐカツカレーは多分キツイのでは?

私の場合は、脳の血流量はアップしているかもしれませんが、胃がもたれて全体的に能力ダウンしそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »