« 副都心線470億円も道路財源から | Main | ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 »

2008.02.20

<戸籍原本>用紙入れ違い、2世帯の子ども入れ替わる 大阪

<戸籍原本>用紙入れ違い、2世帯の子ども入れ替わる 大阪

2月19日17時20分配信 毎日新聞

 大阪市北区役所に保管されている2世帯の戸籍原本で、子どもの記載が約1年半にわたって入れ替わっていたことが分かった。北区役所は「あってはならないミスで恥ずかしい限り」と、双方に電話や文書で謝罪した。

 同市は戸籍原本を1枚に3人まで記載される書類で管理しており、世帯ごとにファイルで分けている。この2世帯は4人家族で、2枚目に記載された子どもの出生届が同じ日に受理されていたため、北区役所は「2枚目の紙がミスで入れ違った可能性が高い」としている。

まぁ、間違いは誰にでもありますが・・・
親の話では、私も3歳くらいまで、戸籍上「女」で登録されていたそうです。
名前から
引越しの際に、気付いたらしく、修正を依頼したが、当時のシステムが複雑なのか、簡単には受け入れてくれなかったらしいです。
危うく戸籍上「女」として生きねばならなかったらしいですが、両親の頑張りで、晴れて「男」として生きております。

|

« 副都心線470億円も道路財源から | Main | ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47165/40192788

Listed below are links to weblogs that reference <戸籍原本>用紙入れ違い、2世帯の子ども入れ替わる 大阪:

« 副都心線470億円も道路財源から | Main | ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 »