« あすから「タスポ」申し込み開始 | Main | ブロードバンド普及率、日本14位=携帯は50位-国連報告 »

2008.02.04

「朝カレー」で脳が活性化

「朝カレー」で脳が活性化 受験生の味方になる!? 2月4日11時6分配信 J-CASTニュース  東京・神奈川の私立中学入試が始まるなど、本格的な受験シーズンを迎えているが、受験生の間では「受験にウカール」などゲン担ぎの食べ物が大はやりだ。カツカレーもその一つ。しかしカレーは単なるゲン担ぎだけではないようだ。カレーを食べると脳が活性化して、集中力や計算力がアップする、という研究結果が出てきている。

■カレーを食べると脳内血流が約4%増加する

  「カレーを食べると頭が良くなるんです」

 こう語るのは、日本薬科大学教授で、東京・日本橋でクリニックを開業する丁宗鐵医師だ。丁医師は、東京大学助教授の頃からスパイスに注目してきた東洋医学の専門家で、現在まで100名近い治験者のデータを収集し、カレーが脳に及ぼす作用について研究を続けている。その丁医師は、カレーと漢方薬の共通点を「カレーのスパイスと漢方の生薬は同じものが多く、さまざまなスパイスや生薬を組み合わせて使う点も似ている」と語る。

私は二日酔いの日以外、朝目覚めた時は腹減ってます。
朝食欲が無い事なんて、殆ど無いんです。
風邪引いて、熱出てても朝から腹を空かせてますし・・・

でも、カツカレーは多分食えません。
起きて直ぐカツカレーは多分キツイのでは?

私の場合は、脳の血流量はアップしているかもしれませんが、胃がもたれて全体的に能力ダウンしそうです。

|

« あすから「タスポ」申し込み開始 | Main | ブロードバンド普及率、日本14位=携帯は50位-国連報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47165/17954889

Listed below are links to weblogs that reference 「朝カレー」で脳が活性化:

« あすから「タスポ」申し込み開始 | Main | ブロードバンド普及率、日本14位=携帯は50位-国連報告 »