« November 2008 | Main | March 2009 »

2009.01.14

<CO2排出量>不況で2年連続減 エネルギー経済研予測

<CO2排出量>不況で2年連続減 エネルギー経済研予測 1月13日15時1分配信 毎日新聞

 景気低迷で国内の経済活動の不振が続けば、08年度、09年度と2年連続で二酸化炭素(CO2)排出量が減るとの予測を、財団法人日本エネルギー経済研究所(東京都中央区)がまとめた。排出量が減れば京都議定書の削減目標には近づくが、同研究所は「景気低迷で省エネなどへの投資が縮小すると、温暖化対策が遅れる恐れがある」と指摘する。

なんとも皮肉な結果だが、不況による経済活動の低減が結果として、CO2削減に繋がるとは・・・
省エネ対策機器による対策より、景気低迷による経済活動低迷によるエネルギー使用量減の方が大きな効果を生んだ訳だ。
しかし、長期的に見れば、根本的な対策は必要であろうが・・・
経済的に厳しきければ、企業でも家庭でも、温暖化対策に前向きに対応はできないであろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | March 2009 »