« March 2009 | Main | May 2009 »

2009.04.28

メキシコでマスク

<豚インフルエンザ>メキシコ、国民に危機感薄く マスク5人に1人

4月28日11時46分配信 毎日新聞
 【メキシコ市・庭田学】「この病気は治る」--。豚インフルエンザに感染した疑いで100人以上の死者が出ているメキシコのカルデロン大統領は26日、国民が動揺しないようこう呼びかけた。大統領はマスクの着用や衛生面での留意点を強調し、危機打開への協力を国民に求めた。しかし、実際にマスクを着用する国民は半数にも満たないなど、危機感が乏しいのが実態だ。

内容は極めて深刻で、世界的にも注意が必要とされるニュースでありますが・・・

メキシコでマスクといえば・・・ルチャリーブレ
プロレスのマスクしか思い浮かばないのですが・・・
街中の人々がプロレスのマスク被って歩いている状況を想像してしまうのは、私だけなんでしょうか・・・

| | Comments (0)

2009.04.24

健康診断まで偽装 血液検査値測定せず通知 大阪の施設

健康診断まで偽装 血液検査値測定せず通知 大阪の施設

4月24日15時24分配信 産経新聞

 健康診断施設「PL大阪健康管理センター」(大阪市中央区)は、昭和59年から平成16年に行った健康診断の血液検査で、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロール値を、測定していないにもかかわらず、虚偽の数値を記載し受診者に通知していたことが24日、分かった。同センターは「対象者は約3万人」としているが、大阪市保健所は「調査が不十分」としてさらに説明を求めている。

次から次へと、偽装が出てきますね。
これだけ偽装が多いと、何も信じられないような気がしますね。
他国のモラルを笑ってる場合じゃないですよ!

私のコレステロール値は間違いであってほしいと毎回思いますけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.23

若いころからの体重減、要注意

若いころからの体重減、要注意=がんなど死亡リスク増-厚労省研究班

4月23日11時38分配信 時事通信

 20歳のころと比べ体重が減った人は、がんなどで死亡するリスクが高いことが23日までに、厚生労働省研究班の大規模疫学調査で分かった。欧米の研究では体重増加と減少の両方でリスクが高まるとされるが、体重増と死亡との関連は見られなかった。
 生活習慣病対策の特定健診は、体重の増加のみをリスク要因としている。研究班の斉藤功愛媛大大学院准教授は「若いころより体重が増えるのは一般的。死亡に関しては、体重が落ちる人の方を注意して見た方がいい」としている。
 研究班は1990年と93年、全国11地域で、がんにも脳・心疾患にもなっていない40-60代の男女約9万人の生活習慣を調査。2005年末まで追跡し、体重変化と死亡との関連を調べた。
 この間に6494人(うち、がん2888人、脳・心疾患1011人)が死亡。20歳のころから最初の調査時までに体重が5キロ以上減っていた人は、体重の増減が5キロ以内の人と比べ、男性で1.44倍、女性で1.33倍死亡リスクが高かった。特に40代男性で1.61倍と顕著だった。
 男女とも、体重が5キロ以上増加した人の死亡リスク上昇はなく、男性ではむしろ低下していた。 

メタボ健診の結果、現在ダイエット指導中の私ですが、現在の体重は20歳の頃と同じくらいの体重です。
まだ2キロ以上体重を落とさねばならない訳ですが、死亡リスクが太っていた状態より上昇するという事なんですかね?

でも、20歳の頃に太ってた人が適正の体重になってもリスク上昇は同じなんでしょうかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »