« 考えるだけで…脳でロボット制御する技術 ホンダ | Main | 健康診断まで偽装 血液検査値測定せず通知 大阪の施設 »

2009.04.23

若いころからの体重減、要注意

若いころからの体重減、要注意=がんなど死亡リスク増-厚労省研究班

4月23日11時38分配信 時事通信

 20歳のころと比べ体重が減った人は、がんなどで死亡するリスクが高いことが23日までに、厚生労働省研究班の大規模疫学調査で分かった。欧米の研究では体重増加と減少の両方でリスクが高まるとされるが、体重増と死亡との関連は見られなかった。
 生活習慣病対策の特定健診は、体重の増加のみをリスク要因としている。研究班の斉藤功愛媛大大学院准教授は「若いころより体重が増えるのは一般的。死亡に関しては、体重が落ちる人の方を注意して見た方がいい」としている。
 研究班は1990年と93年、全国11地域で、がんにも脳・心疾患にもなっていない40-60代の男女約9万人の生活習慣を調査。2005年末まで追跡し、体重変化と死亡との関連を調べた。
 この間に6494人(うち、がん2888人、脳・心疾患1011人)が死亡。20歳のころから最初の調査時までに体重が5キロ以上減っていた人は、体重の増減が5キロ以内の人と比べ、男性で1.44倍、女性で1.33倍死亡リスクが高かった。特に40代男性で1.61倍と顕著だった。
 男女とも、体重が5キロ以上増加した人の死亡リスク上昇はなく、男性ではむしろ低下していた。 

メタボ健診の結果、現在ダイエット指導中の私ですが、現在の体重は20歳の頃と同じくらいの体重です。
まだ2キロ以上体重を落とさねばならない訳ですが、死亡リスクが太っていた状態より上昇するという事なんですかね?

でも、20歳の頃に太ってた人が適正の体重になってもリスク上昇は同じなんでしょうかね?

|

« 考えるだけで…脳でロボット制御する技術 ホンダ | Main | 健康診断まで偽装 血液検査値測定せず通知 大阪の施設 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47165/44764037

Listed below are links to weblogs that reference 若いころからの体重減、要注意:

« 考えるだけで…脳でロボット制御する技術 ホンダ | Main | 健康診断まで偽装 血液検査値測定せず通知 大阪の施設 »