« 往年のスター選手が白血病=NBAで活躍したジャバー氏 | Main | 大分消滅も…Jリーグが融資承認せず保留 »

2009.11.20

殺害後の脂肪で化粧品?=「悪魔の再来」、被害者200人とも-ペルー

殺害後の脂肪で化粧品?=「悪魔の再来」、被害者200人とも-ペルー 11月20日9時30分配信 時事通信  【サンパウロ時事】南米ペルーの報道によると、同国警察当局は19日までに、先住民らをだまして無差別に殺害後、遺体から脂肪を取り出して外国業者に売り渡していたとして、密売組織メンバー4人を逮捕した。摘出された脂肪は欧州で化粧品製造などに使われたとされ、警察は関与が疑われるイタリア人2人の行方も追っている。  報道では、脂肪は主に中部ウアヌコから首都リマまでプラスチック容器で搬送。今月初めにメンバー1人が逮捕された際に脂肪17リットルの「在庫」を確認した。取引価格は1リットル1万5000ドル(約133万円)程度とみられ、推計では殺害された犠牲者は60~200人に達する可能性があるという。  ペルーのアンデス地方には、「ピシュタコ」と呼ばれる悪魔が先住民を斬首して血や脂肪を取り、都市住民や外国人などに売って蓄財する伝説が存在する。残忍な手口が酷似していることもあり、地元メディアも事件を「現代のピシュタコ」などと大きく報じている。 

恐ろしい事件ではありますね。
なんだか、映画「プレデター」の様でもありますが、同じ人間同士の仕業とは・・・
それより、ビックリしたのは、人の脂肪から化粧品が作られているという事実と、1リットルで約133万円もするなんて・・・
私も結構余計な脂肪あるんですが、殺さずに買ってくれないでしょうかねぇ~

|

« 往年のスター選手が白血病=NBAで活躍したジャバー氏 | Main | 大分消滅も…Jリーグが融資承認せず保留 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47165/46812287

Listed below are links to weblogs that reference 殺害後の脂肪で化粧品?=「悪魔の再来」、被害者200人とも-ペルー:

« 往年のスター選手が白血病=NBAで活躍したジャバー氏 | Main | 大分消滅も…Jリーグが融資承認せず保留 »