« October 2010 | Main | January 2011 »

2010.12.03

NASA 発表の内容は・・・

ヒ素を利用して生存=新細菌、米国の塩湖で発見―地球外生命探索に影響も

時事通信 12月3日(金)4時17分配信
 生物が生きて増殖するのに使う主要な6元素の一つ、リンの代わりにヒ素を利用する細菌が、米カリフォルニア州の塩湖「モノ湖」で初めて見つかった。米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが論文を2日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。生物の概念を変える発見であり、地球外生命を探索する際にも視野を広げる必要があるという。
 モノ湖はサンフランシスコの東方、シエラネバダ山脈の麓にある。湖水は塩分濃度が高く、アルカリ性で、人間など通常の生物にとって有毒なヒ素が多く含まれている。
 湖底で発見された新細菌は、大腸菌と同じ「ガンマプロテオバクテリア」のハロモナス類に属し、「GFAJ―1」株と名付けられた。リンは遺伝情報を担う DNA(デオキシリボ核酸)やたんぱく質、脂質の主要な成分だが、リンが全くない環境で培養すると、代わりにヒ素を取り込んで利用し、増殖することを実験で確認した。
 ヒ素は、元素の周期表で窒素やリンと同じ15族に属し、化学的性質が似ている。昔から農薬やネズミ退治の薬、毒薬に使われてきたのは、細胞内に容易に取り込まれ、さまざまな酵素の働きを阻害するためだ。しかし、研究チームはヒ素が毒にならず、リンの代わりになる細菌が存在すると予想し、探し当てたという。
 地球上の生物が使うリン以外の主要元素は水素、炭素、窒素、酸素、硫黄の五つ。周期表の初めの方に位置し、宇宙や地球での存在量が多いため、生物が利用するようになったと考えられてきた。
 NASAはこの発見の意義について、日本時間3日午前4時からワシントンの本部で記者会見を開く予定。 

たぶん、生物学としては、重要な発見であり、地球外生物を調査する上でも参考になる情報なんでしょう・・・
でも・・・
せめて、地球外での痕跡ならまだしも、地球上での発見なら、先にそう言って欲しかったなぁ・・・
少し期待持たせすぎ!
だから、例え重大な発見であっても期待はずれって感じですね。
残念

| | TrackBack (0)

2010.12.01

<NASA>地球外生命体は… 「宇宙生物学上の発見」で会見へ ネット中継も

<NASA>地球外生命体は… 「宇宙生物学上の発見」で会見へ ネット中継も

毎日新聞 11月30日(火)15時53分配信
 米航空宇宙局(NASA)は29日、宇宙生物学上の発見に関する会見を12月2日午後2時(日本時間同3日午前4時)に開く、と発表した。

 「地球外生命体の証拠の探索に影響を与えるであろう、宇宙生物学上の発見」について議論するという。

 会見はNASA本部で行われ、その様子はNASAテレビやNASAのサイト上でネット中継される。

どんな内容か、ドキドキしますね。
できれば微生物レベルではなく、知的生命体の存在であることを期待しますが・・・

| | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | January 2011 »